ぽんぽんぽんちょ

韓ドラ・映画の雑感。時々、嵐。雑談。

ウ・ヨンウ弁護士は天才肌 - 感想・OST

ウ・ヨンウ弁護士は天才肌
(原題:おかしな弁護士ウ・ヨンウ)

韓国題:이상한 변호사 우영우   英語題:Extraordinary Attorney Woo

f:id:ponpon_poncho:20220823030216j:image

画像:ENAより

 

スポンサーリンク

 

 

キャスト

パク・ウンビン - ウ・ヨンウ
カン・テオ - イ・ジュノ
カン・ギヨン - チョン・ミョンソク
チョン・ベス - ウ・ビョンホ
ペク・ジウォン - ハン・ソニョン
チン・ギョン - テ・スミ
チュ・ヒョニョン - トン・グラミ
ハ・ユンギョン - チェ・スヨン
チュ・ジョンヒョク - クォン・ミヌ   他

 

脚本:ムン・ジウォン『無垢なる証人(映画)』
演出:ユ・インシク『浪漫ドクター キム・サブ』『バカボンド』『ジャイアント』

ENA 最高視聴率17.534% 全16話
放送期間 2022/06/29~08/18

 

個人的評価

(視聴期間 2022/08/04~08/18)
総合評価 ★★★★★
物語の面白さ ★★★★☆
笑い ★★★★☆ 涙 ★★☆☆☆
キュンキュン ★★★★☆ 視聴熱 ★★★★★
ブロマンス ★☆☆☆☆ ウーマンス ★★★★☆

 

予告

 

ネタバレなし感想

☆4.5か☆5か、とても評価に悩みました。今でも悩んでるので、もしかしたら年末に変更するかもしれません。

 

1話の視聴率が0.948%。
最高視聴率は最終回の17.534%。
ウ・ヨンウシンドロームが起きるほど、韓国でも大人気のドラマでした。

 

私は視聴率の伸び具合よりも1話の低さに驚きました(笑)
作品が始まる前から、私も含めて日本では見ようと思ってた人が少なくはなかったと思うのですが、そんなに注目されてなかったのか!と(笑)

 

そもそもENAというケーブルテレビ局自体、このドラマで知ったので、契約してなかった人も多かったんですかね。🤔

 

このブログでも書きましたが、

ENAのドラマは、このドラマが2作目のようです。

ENAチャンネルは(中略)オリジナルバラエティコンテンツで人気となったskyテレビと、2021年にKTグループに新しく合流したメディアジニーなどが力を合わせてリローンチした新興チャンネル。スポーツソウルより引用)

1作目はクァク・ドウォン、ユン・ドゥジュン主演『ク・ピルスはいない』。『ウ・ヨンウ』の後番組はチョン・イル×ユリ(少女時代)主演の『グッジョブ』だそうです。
(『ク・ピルスはいない』は、『曲げない男、ク・ピルス』という邦題で、KNTVにて9/23から放送されます。)

 

カン・テオとカン・ギヨン目当てに、このドラマを見始めました。

パク・ウンビンは、笑顔が可愛い女優さんだと知ってはいましたが、「恋慕」も「ストーブリーグ」も見れてないので、初めましてでした。

 

私はまんまイ・ジュノ(カン・テオ)の沼に落とされましたね。HAHA

 

ウ・ヨンウは、韓国初の自閉スペクトラム症の弁護士。ソウル大ロースクール首席卒業。韓国語では우영우(ウ ヨン ウ)と3文字で書くので、そのまま読んでも逆から読んでもウ・ヨンウ。
クジラやイルカが好きで、その話をし始めると止まりません。笑顔がとってもかわいい🤤

(ENAドラマ公式インスタグラム)

 

ヨンウの上司であり、ちょっと抜けたところのある可愛い(?)弁護士 チョン・ミョンソク。

(ENAドラマ公式インスタグラム)

 

ウ・ヨンウやチョン・ミョンソク弁護士たちが働く「ハンバダ」で、職員として働いているイ・ジュノ。こちらもかわいい。所謂パラリーガルなのかなと思います。

(ENAドラマ公式インスタグラム)

 

かわいいしかいってないわたし。

 

法廷ドラマにしては重くなく、刑事事件の裁判はそこまでないので、難しい話もありません。

重くないというより、比較的軽く明るいドラマです。でも、とても考えさせられるシーンもあります。
ラブもあり、コメディもあり。
ほとんどが1話完結・1話1事件で、忙しい方も見やすいドラマなのではないかなと思います。

 

1話完結なので、毎回ゲストが違いますが、韓ドラを見ている方なら、あ!となる俳優さんが沢山出てきます。


MayTreeという色んな「音」を口だけで再現している方々がいます。
韓国関連の動画を見ていたら、一度はオススメに出てきたことがあるのではないでしょうか?

 

日本ドラマの『ガリレオ』なら、謎が解ける時、湯川先生(福山雅治)が数式を書く。
『99.9』なら、謎が解けた時、深山(松本潤)がオヤジギャグを言う。(例が韓ドラで出てこなかったぞ)
みたいなものが、このドラマにもあります。

 

そのシーンで流れている効果音を、またMayTreeが再現している…
と再生してみたら、まさかの本家だそうです(笑)

OPと、ヨンウに風が吹いてクジラがはねるシーンの音2つとも、この方々オリジナルだそうです。

 

重くもなく軽すぎもない、どの方にもオススメできるドラマでした。ドロドロ・シリアスドラマが見たいときには、オススメしません。

 

 

※配信状況の下は、ネタバレ感想があるので、ご注意ください。

 

配信状況

ウ・ヨンウ弁護士は天才肌 - Netflix

『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』は、Netflixにて独占配信中です。
※本ページの情報は2022年9月時点のものです。

 

スポンサーリンク

 

ネタバレ感想

これが正しいという描き方がなかった

からこそ良かった。

民事の裁判が多かったということが関係しているのか、どちらの言い分もわかるという裁判が多かった気がします。

だからこそ、必ずしもハンバダ側が勝つわけではなかったし、ヨンウが弁護士として、「どう考えても悪い行動をしてしまった人」を弁護することに悩むシーンもありました。

 

法廷ドラマとしては、本当にそれで裁判に勝てたの?と思うような主張もあった気がしたのですが、それはこのドラマの雰囲気でカバーできたような気がします。

 

法廷ドラマとして印象的だった好きな回は、9話「笛吹き男」の子供解放軍の総司令官パングッポンの回でした。裁判で子どもたちが、パングッポンに続いて「子どもは今すぐ○○すべし」を一緒に言うシーンはちょっとうるっと来ました。

 

イ・ジュノ

ジュノのせいで、何回ムフフと気持ち悪い笑いが出たことか。
画面に映る自分のニヤニヤ顔が気持ち悪いったらありゃしない😇

 

国民の悲しい(寂しい)男さん。

このドラマはあまり泣かなかったのですが、2回泣いて、それは両方ともヨンウ×ジュノの事でした。

 

ヨンウが父に電話して、「イ・ジュノさんは自分に良くしてくれる。でも問題は私。私は、彼を幸せに出来るのか。」というシーン。涙目のヨンウが良かったです。ここが一番泣きました。

2回目は15話の、ジュノがヨンウの家の前で待ってて、「僕たちはなんで別れるのか」の理由を聞きに来たシーンです。
「一緒にいるだけで幸せです。僕の幸せに必要不可欠な人なんです。」
「私は自分のことで頭いっぱいで、近くにいる人を孤独にさせます。なぜそうさせたのかもわからず、どうすればいいのかもわかりません。」
の台詞がうるうるになりました(笑)

 

カン・テオの顎関節の筋肉の動きが話題になってましたね。意図的にやっていたようです。

Run Onの時に、そこまで顎の筋肉が動いてた印象が無かったので、ジュノは顎の筋肉がよく動くな〜とはぼーっと思ってたんですけど、話題になってたとは思いもしませんでした(笑)

参考↓

[이상한변호사우영우 | EP9 | 하이라이트] 준호 심장 뛰는 소리 여기까지 들린다😍 준호💘영우 커플의 꽁냥꽁냥 모먼트 - YouTube

 

ヨンウとジュノの明るいシーンで好きだったところ

○トン・グラミから教えてもらった海にちゃんと素直に行くジュノ。「僕は(ヨンウの)味方でいたいし、ウ・ヨンウ弁護士のような人に味方になってほしい」
○「触らないとドキドキしないですか?一緒にいても?」
○パングッポンの話ばかりするヨンウに嫉妬するジュノ。嫉妬してるのに、ヨンウの笑顔にニヤけが一瞬出てしまうジュノ。
○車のドアを開けたり、荷物を持ってくれるヨンウに理由を聞いたジュノに「好きだから良くしました」とヨンウの返事を聞いて、眉毛が八の字になるジュノ(ピンポイントすぎ)
○「好きすぎてまるで病気です」
○窓越しに手を合わせるところ
○車の事故でヨンウを抱きしめて落ち着かせるジュノ
○「僕がなります。(ヨンウ)専用抱擁椅子に」
○「猫も飼い主を愛しています」

 

ジュノのせいでこっちが病気だよ( ᐛ)

 

元々好きな俳優さんでしたが、今回こんなに人気になって、色々見ていくうちに、本人がとても抜けてる方だと知って、より好きになりました(笑) かわいいです。
NAVER NOWで、Tシャツをエコバッグと間違えるカン・テオ、とっても良かったです(笑)

 

スポンサーリンク

 

チョン・ミョンソク

1話の最初の偏見を正直に謝るシーンから、もう良い人感満載でしたよね。一瞬、これは実は悪い人で、ヨンウを信じさせるために謝ったフリをしているんじゃないか!?って、シリアス韓ドラの予測をたててしまったよ。ごめん、ミョンソク。

 

裁判中に倒れるシーンは、押さえる場所が下の方だったから盲腸かと思いました(笑)
まさかの胃がん。
絶対重病じゃないと思ってたのに驚きでした。

 

済州島の、今まで沢山働いてきたことを思い出して車で泣いた後、ヨンウが意味があったと伝えたシーンは良かったですよね。

何でも正直に言ってしまうヨンウは、それが欠点になってしまうシーンもあるけど、人を救うことができる正直さにも繋がるんですよね。

 

カン・ギヨンも、より好きになりました(笑)
優しいノリのいい先輩って感じでかわいらしい。

(カン・ギヨン公式インスタグラム)

 

クォン・ミヌ

1番現実によくいそうなタイプの人だったような(笑)

でも、スヨンととは、とっても意外でした。
途中までは、スヨン×ヒゲ社長、ミヌ×グラミかな?と思ってたのでw

 

このドラマの中では、「嫌な奴」の役割でしたよね。

なんでミヌはジュノと同居してるの?と思えるくらい、ジュノとは逆の行動を取っていたキャラクターでした。

ジュノはヨンウのことが好きで、ミヌはヨンウのことが気に入らない。この事に、ジュノもミヌもお互いに気づいていない鈍感だったのが、草でした。

 

でも、最後にはキャラ変して、「バカになろうと思う」というミヌ。
どういうことやねん、春の日差し(スヨン)の力は。

最終回の裁判で、ヨンウを応援するスヨンに続いて、応援しようとするミヌ、とても好きでした(笑)

 

☆5と☆4.5と悩んだ理由としては、途中からそこまでの熱がなくなったというか。
クォン・ミヌの突然のキャラ変が、きっかけだった気がします。

 

さっき書いた通り、ミヌは最後には好きになって、まんまと制作者側の意図にハマった私ですがw
キャラ変が急過ぎたというか。
最初の方のような、ゆるーく嫌な奴だったら、そこまで変だと感じなかった気がします。

 

腹黒な嫌な奴感が出ていても、半分に近い話数まで文句は言いながらでも、ヨンウと普通に仕事をしていたんですよね。

でも、結構急にテ・スミと近づいてハンバダを辞めさせる約束までして、急な右肩上がりで何か仕出かす奴感が出てきたというかw

 

それなのに、急にシュンと悪者感が下がって、スヨンが済州島で、「なんでそんなに急に人が変わったんだ」みたいなこと言いますよね(笑)

それがなんか、本当に急に設定変えたのかも?と思うような説明台詞のように思えてしまったんですよねw

(その答えが「済州島だから」だったのは共感します。南に行って急に人が変わる人は、何度も見たことがあるのでw)

 

その直後にシーズン2のニュースが出たから、ミヌを悪者で終わらせてはシーズン2が出来ないからなのかな。と思ってしまったんですw

 

それが事実でないにしても、自分がそう思ってしまったせいで、このドラマの世界から急に現実に戻ってしまったんですよね。
完全に私が深読みし過ぎたせいです(笑)

 

でもミヌは、ジュノがヨンウと付き合ってると知っても、ジュノの友達や姉夫婦のように反対は全くしなかったんですよね。

最初の方も、ヨンウとジュノが一緒にお昼を食べてる時に、ヨンウがクジラ&イルカの話をずっとしていて、スヨンが止めに行こうかとミヌに話した時も「ジュノの顔は嫌がっていない」と放っておけと促したんですよね。

 

ジュノの友達や姉夫婦のような、そういう偏見はミヌにはなかった。

 

ロースクール時代から腹黒策士と言われるほどだから、ヨンウに限らず皆に対して嫌な奴だったのだろうと思います。でも、そんなたまに出てくる良いところがあるから、「ヨンウが天才だから」という理由で急やなーと思ってしまったのです(笑)

 

意外でしたが、カン・テオよりも、チュ・ジョンヒョクの方が年上らしいです。

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

 

これで終わってもいいんじゃない?と思える、ちゃんと丸く納まったドラマでしたが、ハン・ソニョンとテ・スミの関係とか、気になるところも色々残ったなと思ってます。
そこはシーズン2に期待します。

 

最終回の猫の話をしていた二人のシーンに、Love so sweet流したい人が結構いらっしゃって笑いました(笑)

 

あぁ、兵役辛ぇ…😫

 

お気に入りOST

・OST part1 용기 - 김종완(NELL) / 勇気 - キム・ジョンワン(NELL)

・OST part2 상상 (Beyond My Dreams) - 선우정아 / 想像 - ソヌジョンア

・OST part3 Better Than Birthday - O3ohn

・OST part5 안하기가 쉽지 않아요 (Inevitable) - 수지 / しないのは簡単じゃない - Suzy

 

Part1とPart5が特に好きでした。
どちらもヨンウとジュノの恋の歌です。

 

 

こちらを押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

 

あわせて読みたい

カン・テオ 関連記事はこちら

 

スポンサーリンク