ぽんぽんぽんちょ

韓ドラ・映画の雑感。時々、嵐。雑談。

二十五、二十一 - 感想・OST

日本題:二十五、二十一
韓国題:스물다섯 스물하나  英語題:Twenty-Five Twenty-One

f:id:ponpon_poncho:20220420204224j:image

画像:tvingより

 

スポンサーリンク

 

 

 

キャスト

キム・テリ - ナ・ヒド
ナム・ジュヒョク - ペク・イジン
キム・ジヨン / ボナ(宇宙少女) - コ・ユリム
チェ・ヒョヌク - ムン・ジウン
イ・ジュミョン - チ・スンワン    他

 

脚本:クォン・ドウン「恋愛ワードを入力してください〜Search WWW〜」
演出:チョン・ジヒョン「恋愛ワードを入力してください〜Search WWW〜」「ザ・キング:永遠の君主」「君は私の春」

tvN 最高視聴率 11.513% 全16話
放送期間 2022/02/12~2022/04/03

 

個人的評価

(視聴期間 2022/02/26~04/03)
評価 ★★★★(4.5)
物語の面白さ ★★★★★
笑い ★★★★☆ 涙 ★★★★★
キュンキュン ★★★★☆ 視聴熱 ★★★★★
ブロマンス ★★★★★ ウーマンス ★★★★★

 

予告

 

ネタバレなし感想

久しぶりにとても感情移入して、毎週全力で楽しみにしていたドラマでした。
事前情報あんまり入れずに見た方が楽しめると思うので、そこまで書きません。

 

青春を視聴者の私たちも一緒に体験できるようなドラマです。
眩しすぎて見えない!って感じの青春です。
こんな青春したかったね……って感じの。
(ナム・ジュヒョクが近くにいる時点で、もうありえない)

f:id:ponpon_poncho:20220423151053j:image

画像:tvingより

 

なかなか予告からは、どんな物語が想像できませんよね🤦🏼‍♀️
主人公のナ・ヒド(キム・テリ)は、フェンシング大好きな高校生。
ある日、新聞配達をしていたペク・イジン(ナム・ジュヒョク)と出会います。
ヒドはIMFの影響で、自分の高校のフェンシング部が廃部に。
登場人物はそれぞれ、IMFの影響を受けていながら、その時代はキラキラした青春だったというようなお話。

 

タイトルの二十五、二十一は、イジンとヒドの年齢のことですが、日本の歳ではなく、韓国の数え年です。

 

私は1話から面白く思えましたが、そうでない人もいるみたいなので、そういう方は4話くらいまで我慢して見てほしいなと思います(笑)

意外と軽いドラマではないので、軽いドラマが見たい時にはオススメしません。

 

8話までの感想はこちら

 

 

※配信状況の下は、ネタバレ感想があるので、ご注意ください。

 

 

配信状況

二十五、二十一 - Netflix

「二十五、二十一」はNetflix独占配信中です。

※本ページの情報は2022年4月時点のものです。

 

ネタバレ感想

最終回

とても丁寧に描かれたドラマだったからこそ、おぉそういう感じか……という最後でした。15話までは☆5で、1番好きだと思っているドラマを超えて1番になりそうだったのですが…。でも好きなドラマでした。

f:id:ponpon_poncho:20220423151403j:image

画像:tvingより

 

13.14話くらいから、こういう最後になりそうだなというのは、予想できたので、12話くらいまでは☆5というのが正直なところなのかもしれません(笑)
カップル2人がくっつかずに終わるという最後でも好きな作品はあるのですが、これはなんとなく今まで丁寧だったせいか、最後のほうが少し雑に思えてしまいました。

 

全てに意味がある描き方だったからこそ、最終回の演出がちょっとよくわからなかった…。私の理解力不足かもしれない🤦🏼‍♀️

 

「これが現実か」というのが、見た直後の感想でした。今まで見てきたキラキラすぎる「青春」が、私にとっては共感できるところがあっても非現実的だったので、最後に現実見せてくるか……という感想。

 

個人的には2人はくっついて終わって欲しかったけど、イジンが9.11を目の当たりにして、「これを成長と呼びたくない」と言ったのは、とても共感しました。

 

でも、「青春してたあの頃に戻りたい」と本当に思わせてくれるドラマでした。
ヒドとイジンはくっつかなかった…あの幸せだった回に戻りたい、5人でふざけあってた、あの回に戻りたい、と。

実際に体験した人が思うようなことを、ドラマで疑似体験させてくれた感じの。


こういう青春が羨ましいと思った私は、こういう青春を多分経験していなくて、こういう青春が誰にでも体験できるわけではないけど、とても貴重なものをドラマで体験できるっていう、新しいドラマだったなと思います。

 

1番共感したスンワン

私は12話のスンワンの生き方に、1番共感していました。でも、スンワン母の助言もすごくわかる。

f:id:ponpon_poncho:20220423151712j:image

画像:tvingより

 

そういう生き方していながら、こういう生き方はしんどいよ、って自分でも思うけど、でもわかる。誰かに助言するなら、スンワン母のようなことを言ってしまいそうだけど、結局スンワンのような行動をしてしまいそう。

 

私もこういう性格は多分母に似たので、スンワン母が職員室に登場するシーンは笑っちゃったよ(笑)

 

このドラマでは、クラスメイトのみんながスンワンのこと大好きだったのが良かったなと思います。
実際私が経験したことは、おかしいことだと思うこと自体が変だ、って扱いの方が友達の中では多かったです(笑) そんなことでいちいち異議唱えてたら、これから生きていけないよって。その通り。その通りすぎる。でも「そんなこと」の段階は人それぞれ。スルーしなきゃ生きていけないこともあるけど、スルーしてたら生きていけないと思う時もあります。

大多数が正解だと思うことが、何かを手に入れるための近道じゃないこともありますし。

 

こういう流れから、スンワンの退学のような、他人から見て不幸だと捉えられるようなことが起きても、遠回りしたら、それはそれでそれ以上の幸せが掴めたりします。
私も、ジウンみたいな友達が欲しいなー(鼻ほじ)

f:id:ponpon_poncho:20220423152223j:image

画像:tvingより

 

このスンワンの回は、みんなの冬服制服を見ながら、あんなにデニールの厚いタイツを履くことを許されてるのいいなとか、めちゃくちゃどうでもいいことを思ってしまいましたw (韓国寒いもんね)
制服時代、生足でよく冬を過ごしてたな……あの必ず生足でいなきゃならん校則もようわからん。めっちゃ足、乾燥で粉ふいてたもん。

 

アオハル過ぎて泣けてくる

9話以降の小ネタ感想。

 

9話

顔のどちら側がいいか訊かれて「左」って即答するペク・イジン良かったな………………………

 

イジン「사랑, 사랑이야 / 愛、愛だよ
난 널 사랑하고 있어 나희도 / 俺はお前を愛してる ナ・ヒド
무지개는 필요 없어 / 虹は必要ない」
私「カァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!」
映像で虹消える
私「カァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!」
やっば。心臓止まった。
「愛してる」ってセリフ、めちゃくちゃ聞いてきたけど、こんなに舞い上がったことない。

 

10話

ヒドの父話に泣いちゃうジウン好きすぎて、泣きそうになった

 

11話

ジウンの公衆電話からの相談には軽くあしらったけど、ユリムをバンド部のライブに送り届けて、結局ジウンの悩みも受け止めてるイジン惚れた。

 

最後のシーンのヒド母にも「オ、オンマァァァ😭😭😭」

 

13話

あまり今までナム・ジュヒョクの演技が好きだなーとは思ってこなかったのですが、このドラマの13話で演技好きだな…と思いました。

 

僕もヒョンに揺れていたいですって、めちゃくちゃイジってくるジウン大好き。

 

天然ふわふわユリムが普通になりすぎて、ガンギレユリム(言い過ぎ)が嘘だったんでは無いかと思うほど。
ユリム「たい焼きに鯛は入ってないよね?」
私「??????????????」

 

ミンチェが視聴者の声になってるのが良かったです。イジンの行動に、は?ってなってるミンチェw

 

14話

この回は辛すぎて鬱すぎて、スンワンのtwenty fourォォォォォの発音良すぎってとこしか感想書けん。

 

15話

こんな時に中島みゆきの「二十五、二十一」流すんじゃないよ!!(中島みゆきではない)


このドラマは、伏線をあえて回収しない方式を取っていたんだと思いますが、最後がもう少し丁寧に描かれていたら納得できたのかもしれません。ちょっと消化不良という感じがしました。私は回収されるドラマの方が好きなようです。

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

 

2521は、最初はキャー!🥰🥰ってなってて、他のドラマも見られてたんですけど、段々しんどくなっていって。そのしんどさもリアルだから余計に。それで、段々他のドラマも見られなくなり…2521だけ見てました。
気象庁はちょっとイライラ度合いがキュンキュンでカバーできず6話挫折。
39歳は最後まで見ようと思ってます。
しんどかったから、2521と同じように盛り上がってた「社内お見合い」を見始めようかな。


ところで、全然関係ない話だけど
多分韓ドラブログの人はわかってくれるはず……
韓ドラって「な行」ドラマ少なすぎんか……!

 

お気に入りOST

・Part1 Starlight - TAEIL

・Part2 눈이 부시도록 너를 비춰줄게 - 배기성 / 眩しいほど君を照らしてあげるよ - ペ・ギソン

・Part3 아주, 천천히 - 비비 / とても、ゆっくり - BIBI

・Part4 존재만으로 - 원슈타인 / 存在だけで - Wonstein

・Part5 Go! - 도겸(SEVENTEEN) / ドギョム(SEVENTEEN)

・Part6 Stardust love song - 지효(트와이스) / ジヒョ(TWICE)

・Part7 With - 김태리 & 남주혁 & 보나(우주소녀) & 최현욱 & 이주명 / キム・テリ & ナム・ジュヒョク & ボナ(宇宙少女) & チェ・ヒョヌク & イ・ジュミョン

・Part8 가보자 / 行ってみよう- Xydo

・Part9 너의 세상 - 설호승 / あなたの世界 - SURL

 

やばい全曲好きだった……🙂

 

スポンサーリンク