ぽんぽんぽんちょ

韓ドラ・映画の雑感。時々、嵐。雑談。

花郎 - あらすじ・感想・OST

この記事は、前ブログで2018年8月23日に公開したものを、内容を変更して投稿したものです。

 

花郎

韓国題:화랑 英語題:Hwarang

f:id:ponpon_poncho:20220814224252j:image

画像:KBSより

 

スポンサーリンク

 

 

キャスト

パク・ソジュン ー ソヌ / ムミョン(無名)
パク・ヒョンシク(ZE:A) ー ジディ / 真興王 / サムメクチョン(彡麦宗)
コ・アラ(Ara) ー アロ
ミンホ(SHINee) ー スホ
ト・ジハン ー パンリュ
V / キム・テヒョン(BTS) ー ハンソン
チョ・ユヌ ー ヨウル
イ・グァンス ー マンムン / ソヌ
キム・ジス ー 只召(チソ)太后   他

 

脚本:パク・ウンヨン「パートナー」
演出:ユン・ソンシク「最高です!スンシンちゃん」「王の顔」
キム・ヨンジョ「百済の王 クンチョゴワン」
KBS 最高視聴率13.1% 全20話
放送期間 2016/12/19 - 2017/02/21

 

個人的評価

(視聴期間 2018/07/08~07/15)
総合評価 ★★★★☆
物語の面白さ ★★★★☆
笑い ★★★☆☆ 涙 ★★★☆☆
キュンキュン ★★★★☆ 視聴熱 ★★★★☆
ブロマンス ★★★★★ ウーマンス ★★☆☆☆

 

あらすじ

新羅時代。ムミョン(パク・ソジュン)は、親友のマンムン(イ・グァンス)と賤民の村で暮らしていた。マンムンとマンムンの父と妹は、一緒には住んでおらず、生き別れた過去があった。その2人を探したいと、マンムンはムミョンと共に都に入る。新羅の王である真興王(パク・ヒョンシク)は、母である只召太后(キム・ジス)から人々に顔は知られてはいけないという命令で、顔を知られていない王として生きている。マンムンは、真興王の顔を見てしまい、ムミョンと共に真興王の護衛に襲われ、マンムンは命を落としてしまう。ムミョンは、マンムンの本名であるソヌという名を名乗り、マンムンの妹であるアロ(コ・アラ)を守るために生きることを決意する。
只召太后は、王の親衛隊である「花郎」をつくることを決める。ムミョンは、マンムンが亡くなる原因となった王たちに近づくために、真興王は只召太后から王権を取り返すためにジディという名前で花郎に志願する。

 

ネタバレなし感想

Disney+で、最近『IN THE SOOP フレンドケーション』が配信されてますね。

 

パク・ソジュン、Peakboy、チェ・ウシク、パク・ヒョンシク、BTS V の5人が出演しています。この5人はプライベートでも仲良しな、「ウガ」と呼ばれる友達グループです。

この関係が始まったきっかけでもあり、パク・ソジュンとパク・ヒョンシクとVが出会ったドラマが、この『花郎』でした。

(元々パク・ソジュンとPeakboyは学生時代の同級生でした。パク・ソジュンとチェ・ウシクは、2012~2013年にKBSで放送された『シットコム ファミリー』という番組の共演をきっかけに親しくなりました。)

 

前置きが長くなりました(笑)

 

このドラマは、フュージョン時代劇です。

位の高い人と話す時以外、花郎同士の会話などは、ほとんど現代劇の時の話し方です。

時代劇がハードル高く感じる方もいるかと思いますが、これはそこまで難しい物語ではないと思います。

 

このドラマは、面白いか面白くないかの評価が結構パックリ割れていると感じています(笑)

 

私はパク・ソジュンが推し俳優なので見ましたが、大半はパク・ヒョンシクがやっていた役に人気が流れていたのでは?と思います(笑)

私は、どちらの俳優も好きですが、どちら派にもなりませんでした。

 

出演者の中で、好きな俳優さんがいるなら楽しく見れるものかも知れませんが、好きな俳優さんがいなければリタイアしそうになる人もいるかもしれません。

 

物語の本筋だけに注目すると、15話以降から面白くなったなと思いました。

物語の動きが遅く感じたんですよね。16話でも済んだかなと思います。

前半は、恋愛&青春ブロマンスドラマ。後半は、本筋に注目して見れば楽しいドラマでした。

全体的に本筋に注目して見てしまうと、前半にリタイアしてしまう人もいるかもです。

 

私は、これが時代劇初めてではなかったのですが、登場人物の名前を覚えるのが苦手なので、『ジディ / 真興王 / サムメクチョン』というパク・ヒョンシクの役が、1人なのに名前が多くて頭が混乱(笑)

 

見ている最中は気づかなかったのですが、アロ(コ・アラ)がめちゃくちゃ泣きます。
それが嫌だった方も居たみたいです(笑)
私は険しい顔が多かった印象でした。

 

というか、時代劇なので、現実の人間なら大泣きやろってことが何度も起こります。だから、仕方がないかなと思います(笑)

 

私は、ソヌ(パク・ソジュン)とハンソン(V)のブロマンスが好きでした~(´∀`)

ハンソンの笑顔かわいいかわいい…(*´ω`*)

2人の笑顔で世界は救えるよ〜🤤(?)

 

ハンソン(V)は、表情の可愛さと歌声のカッコ良さ!ドラマを見た当時は、BTSの曲をあまり聞いたことがなかったので、初めてOSTを聞いた時はそのギャップに衝撃でした。

 

『IN THE SOOP フレンドケーション』が配信されているDisney+では、この『花郎』も配信されているので、是非見てみてくださいね👀

 

長髪が似合ってたのは、ヒョンシクだと思うよ(断言)

 

※配信状況の下は、ネタバレ感想があるので、ご注意ください。

 

配信状況

Netflix

Disney+

U-NEXT

(※本ページの情報は2022年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。)

ABEMA

dTV

(本作品の配信情報は2022年9月10日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。)

Hulu

(※紹介している作品は、2022年9月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。)

〇FOD

〇Amazonプライムビデオ(レンタル)

※本ページの情報は2022年9月時点のものです。

 

スポンサーリンク

 

ネタバレ感想

ラブライン

アロは、ソヌを選びます!ってドラマ側が全体的に伝えてきてたくらいの圧でしたよね(笑)

 

ジディの役柄は良いのに、ジディの方を一瞬たりとも見ないアロ。

 

ヒロインが1番手に行くって99%分かってても、ちょっとは2番手の回があるのに、それすらない、ただただ切ないジディ(笑)

だからこそ、ジディのシーンが尚更切ない。

 

ソヌ派でもジディ派でもなかったけど、ジディいいぞ!いいぞ!もっとやれ!なシーンが欲しかったです(笑)

アロにわかる形で守ってあげたり、助けてあげるのはいつもソヌ。悲しい(笑)

そういうシーンがもっとあっても良かったのでは?と思います。

 

ソヌとジディ

最初、マンムンを殺されムミョンが敵を討つと覚悟を決めた時、ジディとムミョンの戦いが最後に見れるとワクワクしていました。

 

私は、友情を築き上げてきた後に、親友が敵であると気づき葛藤するシーンや対決するシーンが大好きなのですが、このシーンが出てきた時ニヒニヒでした。

↓1:43 辺り参考

화랑 - 박서준, 박형식에 칼 겨눴다 "네가 왕이냐".20170124 - YouTube

やっと、本筋で面白くなってくるぞ!!と感じたシーンでした(笑)

 

百済が関わってくるシーン。

人質に民が並べられ、太子は「新羅の顔を隠した王は誰だ?」と訊きます。そして「名乗り出なければ、15分毎に民を殺す」と太子は言います。

ジディは名乗り出ることが出来ずに、ソヌが「私が神国(新羅)の王だ!」と名乗り出ることに。

 

このシーンで、ジディが先に名乗り出ていればジディに傾いた気がします(笑)

ジディは、いつもなら好きになるキャラクターだと思うのですが、少し弱いんですよね☹️ だから、どちら派にもならなかった。

 

モノホンの王だから、名乗り出れば危険な立場になるのは分かるのだけれど、この民の中にアロもいた訳ですから、立場のせいで民を守れない王なら、アロの相手はソヌで良かった気がするのです。

王の命が優先だ!と思っている王なら、名乗り出なくても良かったけど、ジディは民よりも王の命が上だと思っているようなタイプの王でもないし。

 

このシーンはとってもしんどかった。物語の本筋に関係していない人が死んだとはいえ、やっぱり人が死ぬシーンはしんどいです。

 

チャン太子とソヌの戦いを見て、こんなにソヌって強かったっけ?wwって思っちゃいました(笑)

でも、とても迫力のある戦いで見ていて面白かったです。ここから物語がとても面白くなりました。

 

スホ、パンリュ、ハンソン

タンセ&ハンソン兄弟のシーンは苦しかった。

ソヌをヒョンと呼ぶハンソンに泣いちゃう。

ソヌ&ハンソンのブロマンスシーンは、ここが一番好きでした。見た人ならわかるはず(笑)

화랑 - 박서준, 걱정하는 김태형에 "같이 걸어줄게.".20170214 - YouTube

 

仲が悪く、まさに犬猿の仲である スホ&パンリュ。段々友情が生まれていくのは、見ていて楽しかったです。

スホがお笑い要員だったのも、好きだったよ(笑)

ソヌが王だと勘違いして、突然敬語になるスホが好きでした(笑)

 

パンリュ&スヨン(スホの妹)のカップルは、主演のカップルよりも好きでした(笑)

怖い表情ばかりだったパンリュが、スヨンと接していくうちに可愛い表情に変わっていくのが良かったです🤤

 

スポンサーリンク

 

脇役たちのおもしろシーン

ジディの護衛をするパオが大好きでした、、、。

このパオは、『梨泰院クラス』の長家のチャン・デヒですからね…!

ユ・ジェミョンは、私は何度も面白い役で見ていたので、『梨泰院クラス』で衝撃でした(笑)

 

ハンソンの兄・タンセとパオの掛け合いが、とても好きでした。

花郎の郎徒(ナンド)にしては、歳がいきすぎているパオに対して、「失礼ですが、おいくつ?」と訊くタンセに、何度も「22歳の早生まれ」と誤魔化すパオw

タンセも22歳の早生まれなんですよねw

早生まれでも老けすぎや!

 

ツッコミどころ満載シーン

ソヌが馬に乗っている時に倒れ、アロが人工呼吸をするシーン。このシーン、人工呼吸でソヌの意識は戻るんですけど、脈止まってるのに?wwそれだけで?ww

そもそもこの時代に人工呼吸はあったのか!?

화랑 - 박서준, 고아라의 고백에 ‘상화랑 키스’. 20170117 - YouTube

 

途中から、ソヌはハチマキ?みたいなのをしなくなるんですよね。単純に、なんで??ww
前髪出したいなら、スホみたいにすればいいのに。

これ、BSフジで放送している『MUSIC LIST -OSTって何?-』で、ドランクドラゴンの塚っちゃんがハチマキについて突っ込んでて笑いました(笑)(2022/08/06放送回にて)

みんな気になるところは同じ!

화랑 - 박서준, 박형식·김지수 앞 화랑들 대동하여 나타나"진흥 폐하 만세"외쳤다.20170221 - YouTube

 

あと、ムキムキを見せたいためだけの、このシャワーシーンも笑いました(笑)

いいカラダを見せるためのサービスカットって、皆さん普通に見れますか?私、ニヤニヤというより、普通に笑っちゃうんですよね(笑)
なんかこっちが恥ずかしくて、テレビから目逸らしてしまう(笑)

↓2:00 辺り参考

[화랑] - 화랑들, 멈출 수 없는 춤연습! ‘진정한 칼군무’ ㅣ KBS방송 - YouTube

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

 

ソヌは花郎になってからの髪型より、ムミョンの頃のボサボサ頭の方が好きでした。

 

結末は、まあそうなるわな。という感じでした。
星3にしようと思ったのですが、最後の5話は結構夢中で見たので星4です。

 

お気に入りOST

・OST part2 죽어도 너야 - 뷔, 진 / 死んでも君だよ - V, Jin(BTS)
・OST part3 드림 - 볼빨간 사춘기 / ドリーム - 赤頬思春期
・OST part4 너만 보여 - 웬디, 슬기 / あなたしか見えない - ウェンディ, スルギ(Red Velvet)
・OST part5 서로의 눈물이 되어 - 효린 / お互いの涙になって - ヒョリン
・OST part6 신의 한 수 - 양요섭 / 神の一手 - ヤン・ヨソプ
・OST part7 여기 있을게 - 박형식 / ここにいるよ - パク・ヒョンシク
・OST part9 서로의 눈물이 되어 - 박서준 / お互いの涙になって(ソヌver.) - パク・ソジュン

 

これは曲の発表順なので、日本で発売されているOSTアルバムとは、曲順が異なります。

 

 

あわせて読みたい

 

こちらを押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

 

スポンサーリンク